blog

今週の営業日

5/2(木)13時〜17時
5/3(金)12時〜16時
GW中も日時によりご相談承れますので、どうぞお気軽にお問い合わせください

桜(つづき)


3月 某日  曇り

今日は東京の桜の開花発表があるかもしれないと思って昼頃に事務所隣の靖国神社の標本木を訪ねてみる。
開花発表とともに世間が花見や宴会で浮かれる感じについてゆけず半ば冷めた気持ちで毎年ニュースを見ていたが、靖国神社の裏に事務所を移したので今年からはちょっと違う。
標本木の周りには人が集まっていて、数輪咲いている枝を写真に撮っていた。
私もその輪の中に入って枝越しに観測員を待つ報道陣を写真に撮ったりしたが、用事があるので観測員が来る前にその場から離れた。
晩のニュースには報道されなかったので、あんなに咲いていたのにと思った。


3月 某日  (天気を忘れた)

昨日はされなかった開花発表があった。
蘖に咲いた花は開花発表には数えないそうで、蘖、ひこばえと言うことばと意味を遅ればせながら知った次第。
それまでは、脇枝と言っていたが、蘖という漢字と読みの響きが古風に思えて気に入った。
以前に一度だけ、東京近郊の静かな公園の池のほとりで少人数での古風な花見をしたことを思い出す。
花見弁当作り係、飲み物係などそれぞれ担当があり、敷物は花茣蓙に限るとの皆の考えが合って、私は茣蓙を受け持った。
葉も出始めたころで、花弁がひらひら散るのを眺めるような集いだった。