blog

お祭り


今回の『青花の会 骨董祭』にて絵画で協力してもらった三人は、古美術を通して知り合いました。

彼らの絵画に古美術を取り合わせるという試みが皆さまにご好評いただけて、たいへん嬉しく思いました。


imageimage
image

どうもありがとうございました。

参籠したい寺ベスト10


(5月に信貴山縁起絵巻を見て)

案じている弟命蓮の居場所を知りたいと願う尼公が一夜籠もった東大寺大仏殿は平家の焼き討ちにあう前の、創建当時のままの大仏殿だけど絵巻のなかの大仏はまさしく平安仏画だ。

東大寺に受戒せむと信濃国を出たまま二十余年も消息のない弟と再会できるかどうか心もとない、また、とても大変な旅路なのに、こんなお寺に参籠している尼公が羨ましくなる。

そこで、『今、参籠したい寺ベスト10』を考えてみる。

浄瑠璃寺(真っ先に思い浮かんだ)
當麻寺(健気でうつくしい中将姫になったつもりで)

奈良の南明寺
広隆寺の講堂(だいぶ前に講堂の軒下で雨宿りしたことがあって)
秋篠寺
室生寺
奈良国立博物館の仏像館(お寺じゃないけど)

挙げてみると有名なお寺ばかりだ。

あっ、いわきの白水阿弥陀堂も泣かせる。

奈良桜井聖林寺の十一面観音の部屋